高齢者支援

生前贈与、成年後見、死後事務委任契約他

サービス説明

高齢化社会を迎え、元気なうちに、万が一のことがあった際の備えをする高齢者の方が多くなっています。特に、ご家族のいらっしゃらないご高齢の方にとっては、自分の亡き後に誰が葬儀を行ってくれるのか?ペットの面倒は誰が見てくれるのか?財産は全て国に没収されてしまうのか?等不安は尽きないものかと思います。
一方で、ご高齢方のご家族にとっても、突然の介護が必要になったらどうするのか?認知症になった場合、管理しているマンションはどうするのか?

サービス詳細

各サービスの詳細です。下記以外にも、高齢者支援に関するご質問・ご相談を受け付けております。お気軽にご連絡ください。

生前贈与

生前贈与を行うことで、ご自身で意思がはっきりしているうちに、自身の財産をある程度分けておくことができます。特に、相続人にならない第三者(例えば、孫や親友、晩年の面倒を見てくれた姪っ子等)に対しては、亡き後は遺産相続の対象とならないため、生前に財産を譲渡しておくことをおすすめします。贈与によってかかる税金や後々の相続への影響などに配慮が必要になるため、悩む前にまずはご相談ください。

死後事務委任契約

亡くなった後の諸手続き、葬儀から埋葬に関する事務等についての代理権を付与し、死後事務を委任する契約です。例えば、葬儀・火葬に関する手続き
や埋葬・散骨に関する手続き、年金・健康保険・介護保険などの資格抹消手続き、ペットの引継ぎや知り合いへの死亡の連絡等、依頼者様のご要望に応じて柔軟に契約が可能です。身近な親族がいらっしゃらない方、親族が遠方に住んでおり負担をかけたくない方であれば、生前に契約することでご遺族の負担を大幅に減らすことが出来ます。

成年後見

成年後見は本人またはご家族からの相談を受け、予め財産の管理を指定した人物や組織に管理してもらう制度です。認知症や加齢により判断力が低下した場合に、詐欺にあったり不要なものを買い込んでしまうことを避けるため、自己の財産管理が不可能になる前に対策しておくことが重要です。

上記以外にも、高齢者支援に関するご質問・ご相談を受け付けております。お気軽にご連絡ください。