ご挨拶

この度は、レスター司法書士法人のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
レスター司法書士法人代表社員の日高憲一です。
レスター司法書士法人では「司法書士には、もっといろんなことができるはずだ。」を企業理念とし、その理念を達成するため、レスター以下の3点のビジョンをもって日々の仕事に取り組んでいます。

①地域住民の安心のため、登記・法的サービスを確実に提供する
司法書士の業務の一番の軸となるのはやはり「登記」です。お客様からのご依頼に応え、ご相談を受け、書類を作成し、登記を完了する。言葉にすると簡単ですが、そこには丁寧な気配りと徹底した法的知識が必要です。そのため、私たちは「法律のプロ」として、地域の皆さんに安心を届けられるよう、登記・法的サービスを確実に提供して参ります。

②沖縄経済の発展のため、新たな事業領域に果敢に挑戦する
レスター司法書⼠法⼈では、従来の司法書⼠事務所では対応ができなかった、M&Aや事業承継等の複雑な企業法務案件・外国籍の方が関与する手続き・特殊法人の法務相談等にも幅広く対応しています。ただ「登記」するだけでなく、「登記に⾄る以前の判断からマネジメントする」という「攻め」の業務を行うこと。専門知識が必要な新たな事業領域にも果敢に挑戦していくこと。そうして、私たちは沖縄経済の発展に寄与して参ります。

③メンバーの幸せのため、事務所内で支え合い、全員で成長する
他人を幸せにするには、まずは自分が幸せである必要があると思っています。そのため、お客様と同じようにわたしたちは社員同士を大切にし、支え合い、メンバーの幸せを大切にします。その一方で、より広く深く業務に対応するため、全員が現状に満足することなく、全員で成長することで、組織を前に進めて参ります。

司法書⼠という資格に誇りをもっているからこそ、司法書⼠がより社会に還元できる職業になるために。
「司法書士には、もっといろんなことができるはずだ」

レスター司法書士法人 代表社員 日高憲一

代表者略歴

司法書士 日高憲一

昭和48年生まれ、沖縄県名護市出身
●私立興南高校卒業
●帝京大学法学部法律学科卒業後、北海道にて弁護士事務所・司法書士事務所に勤務。
●沖縄に帰郷後、司法書士事務所への勤務を経て、那覇市壺川にひだか司法書士事務所開業
●2019年に税理士・司法書士が連携したレスターグループを設立し、レスター司法書士法人に商号を変更。
●登記手続きや裁判業務はもちろんのこと、事業承継、不動産M&A、渉外登記、特殊法人関連等の、複雑・珍しい案件への対応を得意としている。