抹消書類紛失している古い担保権の抹消登記

#古い抵当権の抹消

専門分野 不動産登記

実際受けた事例

依頼者は、亡くなった父の相続で土地を承継した。使用する予定がないので売りに出そうと思い不動産会社に相談したところ、その土地に登記簿上「抵当権」の設定登記がされているため、土地売却の前には、抵当権の抹消する必要があると指摘された。
さっそく抵当権者である銀行へお問い合わせをしたところ、相当程度の期間を経過していたが、亡父の生前に貸付金の返済を受けその時に抵当権の抹消書類は全て返却しているとのことだった。しかも、抹消書類を渡した当時の銀行は別の銀行に合併されていたため、手続きが混沌とした。
依頼内容は、このような抵当権の抹消登記をして欲しいとのことだった。

このように解決しました。

当職が窓口となって銀行へ合併に関する資料及び再度抹消書類の発行を依頼した。その上
で合併を原因とする抵当権移転登記を経て抵当権抹消の登記を完了した。

Client Voice

「昭和時代のかなり古い抵当権で、抹消書類も紛失していてどう手続きをしていいかわからなかったので本当に助かりました」とお喜びの声をいただきました。